玄人向け

青汁で安眠生活

昔は毎晩快適に睡眠が取れていたのに、最近なかなか眠れなくて困っているという人や、仕事が忙しくて社会人になってからきちんと睡眠が取れていないという人も多いと思います。
ここでは睡眠と青汁の関係を紹介しています。

忙しい現代社会で生きている大人は、睡眠を上手く取れないでそれが大きなストレスとなり、体調を崩し精神的にも不安定になっている人が増えていると言われています。
またパソコンやスマートフォンの普及により、人間が本来持っている体内時計に狂いが生じて、子供でも睡眠不足になる人が多いとされています。
人間は忙しい中でも規則正しい生活を送ることにより、生活のリズムを身体が覚えて体内時計も正常に働きますが、乱れた生活やパソコンやスマホの光による影響で体内時計が崩れて睡眠不足になってしまう方が非常に多いです。

体内時計が崩れてしまう原因は、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンというホルモンが不足することも大きな原因となっています。
また歳を取るとメラトニンが減少し、早く目を覚ましてしまいます。
メラトニンには脈や血圧や体温を低下させて眠りやすくしてくれる効果があり、青汁から必要量のメラトニンを摂取できます。

最近では数多くの青汁がいろいろなメーカーから発売されていますが、その原料は大きく分類すると、大麦若葉と明日葉とケールで、これらが全て配合されている商品も珍しくはありません。
ケールには圧倒的な量のメラトニンが含まれているため、それを意識的に毎日摂取することにより、その他健康を維持するための成分も摂取しながら睡眠不足を解消することが可能になります。

このように安眠と大きな関わりがあるメラトニンを圧倒的に多く含むのがケールを主成分とする青汁で、睡眠不足で悩んでいる人はすすんで毎日摂取することをおすすめします。
ケールは独特な苦みがあってそのままではかなり飲みにくいですが、最近ではケールが主成分になっていても飲みやすいものがたくさん販売されています。