玄人向け

玄人向けの青汁を教えて!

発売当初は不味いことがキャッチフレーズにもなっていたほど、味に関しては美味しくないことは誰でも知ってはいましたが、近頃ではそのままでも美味しく飲める商品が多くなり、健康や美容のために毎日摂取する人が増えています。
味だけで商品を選ぶ人も多いでしょうが、ここでは多少苦みや癖がある玄人向けの青汁を紹介します。

昔は商品の種類も少なく、味を選ぶこともできませんでしたが、今ではいろいろなタイプに分かれて販売されています。
青汁を飲む目的は当然健康や美容など自分が求める効果が得られる成分を摂取することで、そのためには苦い野菜が原料になっている多少飲みにくいものでも選べなければいけません。
しかしそれでどうしても続けられなくなっては仕方がないので、はじめは目的の成分の含有量が十分でなくても、その味に慣れていくことも重要なポイントです。
苦い薬の方が良く効き目があるように、苦い野菜に高い効果がある場合が多くなっています。

青汁としてはケールや大麦若葉、明日葉、ヨモギ、小松菜などいろいろな主成分があり、この中ではヨモギや小松菜などはほとんど癖もなく美味しく飲めるものが多いのですが、ケールや大麦若葉はかなり癖があり、そのままの成分をふんだんに配合した商品は素人には難しい独特の味に仕上がっています。
もちろんはじめからその癖がある飲み心地がいいという人もいますが、ほとんどは一度飲めば続けて毎日摂取することには抵抗を感じてしまうようです。

飲みにくい青汁に徐々に慣れていく方法もおすすめですが、はじめにどのような効果があるのをしっかり把握することも良いことです。
青汁には生活習慣病の予防効果もあり、便秘を解消して体調を良くする効果もあります。
さらに青汁はダイエットや高いアンチエイジング効果や美肌効果もあります。
それをしっかり理解することで、多少不味いものでも続けることができるかもしれません。
冷凍タイプのものも、素材の味をストレートに感じられる分栄養価が高く玄人向けと言えます。
どうしても味が苦手だという人にはタブレットタイプを用いることもおすすめで、どうしても栄養価では劣りますが、飲み忘れだけに注意すれば、毎日手軽に摂取できます。

このように、上級者の青汁には野菜の味が直接感じられるあまり美味しくない商品が多いのですが、それだけ栄養価が高く、自分が求める健康や美容効果などを早めに得られる大きなメリットがあります。