玄人向け

青汁を服用する際の注意点

健康ブームの中、いろいろな健康食品が数多くメーカーから販売されていますが、その中でも長年に渡って人気を保っているのが青汁です。
基本的に野菜をそのままドリンクにしている青汁は安全な飲み物と言えますが、青汁には注意しなければいけないこともいろいろあります。

気になる副作用やアレルギーについては、青汁は医薬品ではないので副作用の心配はありません。
ただしアレルギーに関しては一定の野菜にアレルギー反応がある人が服用した場合は危険ですので、特定のアレルギーある人や、アレルギー体質という場合は服用を避けるか医師に相談した上で摂取しましょう。
もしも何か反応が起きたらすぐに服用を中止しましょう。

また飲む量が多いほど効き目があるということで、飲み過ぎる人もいるようですが、野菜をそのまま摂取しても食べ過ぎると気持ちが悪くなったり嘔吐する場合もあるので、気持ちが悪くなるまで摂取することはやめましょう。
実際に飲みすぎて胸やけなどの症状を起こした人はたくさんいます。

また肝臓が悪い人や心臓が悪い人などは、カリウムの過剰摂取になり持病を悪化させることもあるので、持病のある人も必ず服用前に医師に相談しましょう。
他に薬を服用している人も、青汁に含まれる様々な成分が薬に悪影響を及ぼす可能性があるので、服用を考えている商品を医師や薬剤師に見せて悪影響を及ぼす成分が含まれていないか確認してもらいましょう。

食物繊維が豊富に含まれていることから便秘には非常に効果的な青汁ですが、下痢などを引き起こすケースも確認されているので、症状が悪化したら使用を中止するなど様子を見て下さい。

もちろんどんなに高額な商品を選んで服用しても、医薬品ではないので求めている結果がすぐに出ないケースも考えられます。
どんなに続けて服用しても人や体調などによって効果が現れないこともあるので、その点は十分に理解しましょう。

このように青汁には副作用の心配はありませんが、飲み過ぎや体質に合わない場合や、持病がある人が服用することにより、危険を伴うこともあります。健康体でない人は特に医師に相談した上で服用を開始して下さい。