玄人向け

無添加の青汁が飲みたい

青汁は、国産から海外でつくられているものまでたくさんの種類の商品がスーパーやドラックストアや通販などで販売されています。
その中には無添加で化学肥料を一切使用していないことを謳っている商品もあれば、添加物が複数配合されているものもあります。
せっかく健康になるために飲むのなら、無添加のものを選びたいですよね。

毎日続けて飲む青汁に、身体に少しでも害を及ぼす添加物が入っていると、少量なら危険性が低くても、毎日体内に蓄積されて病気を引き起こしてしまう可能性が出てきます。
無添加のモノかどうかを確認するには、それが商品に表記されていればいいのですが、原材料の表記を確認すれば自分でもある程度判断できます。

野菜の名前がそのまま表記されていれば安心ですが、その場合は国産の野菜を使用していて無農薬栽培されたものであることを確認しましょう。
野菜自体に農薬が使用されていれば安全性を謳うことはできません。そもそも野菜しか使用していないで無添加を謳っていない商品は、安全ではないことを伝えているようなものなので、そのような商品を購入する場合は、インターネットなどを利用して商品に配合されている成分や製法をしっかり確認しましょう。

青汁に配合されている添加物で良く使用されているものは、甘味料であるアスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、マルチトールの他にも、ガラクトマンナン、クチナシ色素、ステアリン酸カルシウムなどがあります。
これらの成分は、過剰摂取により下痢や発がん性の危険性も指摘されているものもあるので、完全無添加商品を求める人は、聞いたことがないような成分が表記されている場合は、その成分の危険性を調べた上で購入するかどうかを決めて下さい。

確かに品質を一定に保つなどの目的で、完全無添加青汁はほとんどないのが現状ですが、その中でもできるだけ安全性の高いモノを選んで毎日摂ることをおすすめします。

このように完全無添加で化学成分を一切配合していない青汁はほとんど販売されていませんが、その中でもできるだけ安全性の高い商品を選んで、毎日続けて飲みましょう。
店舗で悩むより青汁ランキングで比較してみると効率的でしょう。