玄人向け

青汁のおすすめの割り方は?

不味いというイメージは今の青汁にはほとんどないでしょうが、それでも中には癖があって一口も飲めない商品も販売されています。
それもそのはずで、今では数えきれない原料を主成分にしたモノが大手メーカーから個人まで製造しているため、どんなに健康に良いと分かっていても、飲むことが無理な商品もあります。
ここでは不味くても美味しくしてしまう青汁のおすすめの割り方を紹介します。

何かで割るよりも、やはりそのままで飲んだ方が効果はあると言う人は、美味しいと評判の商品を探して下さい。
今ではインターネットで飲みやすい青汁などと検索すると、いろいろなサイトがランキング形式で紹介されています。

また青汁には大きく分けると粉末タイプと冷凍タイプがあり、飲みやすいのは何と言っても粉末タイプです。
冷凍タイプはいろいろな飲み物で割って飲むにはあまり適していませんが、シチューやミネストローネなどのスープに使うと飲みやすくなるのでおすすめです。

粉末タイプの青汁は、牛乳に溶かして飲むと抹茶ラテのように美味しくいただけます。
もちろん豆乳に入れてもおいしい青汁ラテになります。
砂糖を入れるともはやお店の味に変わります。

最近は朝食にグリーンスムージーを摂る人が増えていますが、これに混ぜることでより栄養価が高くなります。
バナナやリンゴなど旬の果物を入れれば、砂糖がなくても甘さが出てとても飲みやすくなります。
スムージーにしなくても、果汁100%のフルーツジュースに混ぜることもおすすめです。
飲み物ではありませんが、ヨーグルトに混ぜて食べることで、青臭さがなくなり美味しくなります。
もちろん飲むヨーグルトに混ぜても美味しいです。

他の飲み物と割らなくても、青汁にメープルシロップや蜂蜜などの甘みを加えると非常に美味しく飲みやすくなります。
お酒が好きな人は青汁カクテルを試してみてはいかがでしょうか。
ただし他の飲み物で割る時もそうですが、カロリーオーバーになることと、糖分の摂り過ぎには注意が必要です。

このように青汁は牛乳や豆乳や野菜ジュースやヨーグルトなど、ありとあらゆる飲み物と割って美味しくいただけることが分かっています。
自分のオリジナルを開発してみるのも楽しいのではないでしょうか。