玄人向け

錠剤タイプの青汁を飲むメリット

青汁と言えば粉末を水に溶かして飲むのが皆さんご存知のスタイルですが、その他にも冷凍タイプや錠剤タイプなどいろいろな形状で販売されています。
ここでは錠剤タイプを選ぶメリットについていろいろ探っていきます。

もちろん粉末でもいいのだけど、携帯しやすいから錠剤タイプを選んでいる人も多いようです。
最近では粉末でも1包ずつになっていて簡単に持ち運びできる商品はたくさんありますが、それでも水に溶かすとなると場所が限られます。

出先の会社やカフェでも水をもらって青汁を溶かして飲むことは可能ですが、やはり人の目は気になりますよね。
それにコップに緑色の跡が付くのは抵抗があります。
その点錠剤であれば少しの水があれば一瞬で飲むことができるので、場所を選ばないところが人気の理由ではないでしょうか。
中には水がなくても飲むことができる商品もあるそうです。

またどうしても青臭い味が苦手な人でも錠剤なら気にせず飲むことができます。
特に野菜全般が嫌いで、これまで健康にいいから飲みたかったという人には、錠剤タイプが登場したことはかなり画期的なことのようです。
忙しい現代人の中にはサプリメントで不足する栄養分を補給する人が多くなっていますが、サプリメントを習慣化している人には錠剤タイプはおすすめの青汁です。

海外旅行に行く時も、サプリメントであれば税関でもそれほど心配することはありませんが、粉末だと怪しいものに間違われることでストレスを感じてしまう人もいるかもしれません。

青汁を飲み続けていると、最初は良くてもどうしてもその味に耐えられなくなり途中でやめてしまう人も多いのですが、錠剤だと野菜の味を完全に消すことができ、料理に入れて摂取することもできます。
錠剤タイプの青汁があることを知らない人に是非教えてあげて下さい。

このように青汁にはいろいろなタイプの商品が発売されていますが、錠剤タイプは何と言っても持ち運びが便利です。
また、特にケールの錠剤青汁は粉末だと飲みにくいという人におすすめです。